〒124-0024 東京都葛飾区新小岩2―8―8 クリスタルハイム203
合同・一般労働組合全国協議会 東部ユニオン気付
電話03(6231)5031
e-mail: yusei.hiseiki.union@gmail.com
(ご注意: 上記 e-mail アドレスをご使用の場合、全角文字@を半角文字@に打ち直してご使用ください)

2013年9月3日火曜日

郵政非正規ユニオンNEWS29号

全国ビラ29

 

「新一般職」導入!
JP労組中央本部へ現場の怒りがついに爆発!
第6回JP労組全国大会!本部方針に3割の反対票!

長野大会で激震がはしる! これからは現場の時代だ!

 猛暑のなか働く皆さんご苦労様です。「JP労組第6回全国大会」で起こった劇的な多数の反対票によって、JP労組中央が完全にコントロールを失い崩壊過程へと突入した事を伝えたい!
 これまで「本部方針にはイエスしかない」という代議員の姿勢が完全に現場主導へと切り替わった。
 全国から動員された代議員は462人、傍聴は800人。例年通りならJP中央の提起した方針に反対する代議員はほんの数人。だが今年の大会の提起は「新人事・給与制度」「新一般職」の導入、そして「郵政グループビジョン2021」の完成のための推移である。
 これに対して大会参加の代議員の約三分の一が反対を表明し、緊張感に満ちた大会となった。このまま「現場は全員反対、代議員が徹底抗戦」を構えたままで実行に移せば巨大「JP労組」が大多数の現場派とごく少数の経営側とで真っ二つになり分裂する可能性すらある。それだけ現場の怒りが限界点を超えて本部打倒の気運が全体に満ちていることがわかる。いかに代議員といっても同じ郵政労働者、労働組合員として「もう黙っていられない!」ということだろう。郵政民営化からJPEX統合破綻をはじめ、闘わない結果いかに職場が地獄とかしたかは誰も体験している。労働強化で疲れ果て自爆営業の強制や退職干渉で苦しんでいるかは正規・非正規を問わずとして現場で働く社員の思いや怒りは共通している。これだけ多数の反対票で埋め尽くされた怒りの大会は郵政民営化移行では初の事態であり実質的には「否決・流会」と責任者の責任追及へとなりそうだ。

それでも当局は雇い止め・スキルダウンによる攻撃を激化させている!

 激動の大会は現場の怒りが爆発して劇的な事態に突入したが「非正規社員への大幅なスキルダウンや雇い止めは激化している」むしろ中央本部が打倒される事を警戒する当局は職場の社員を徹底的に痛めつけ鎮圧する姿勢を明確にしている。
 郵政非正規ユニオンは8月20日からはじまる雇い止めに備えて構えていたが相談の件数は相当なものだ。
 「スキルがさげられて時給が300円も減らされた!嫌なら辞めろと恫喝されている!加盟して闘いたい。このままでは生きてすらいけない・・」「仲間が何人も雇い止め予告通知が渡された。半年先には自分も対象になる。相談を!」という連絡がどんどん増えている。これまではスキルダウンについても雇い止めについても「郵政非正規ユニオン」の行動力が強い地域はそれが抑止力となって比較的ゆるやかだったものが一気に激化している。
 大会代議員の反乱によって現場が怒りで固まりつつあることをみた上層部は「なりふりかまわず反対意見を潰せ」という動きをしている。
 郵政非正規ユニオンは現場の為に徹底的に闘う労働組合として、すべての郵政社員と連帯して仲間に降りかかる攻撃のすべてを当局の側に返していく姿勢を強くすることを明確に訴えたい!
 理不尽なスキルダウンや退職干渉。自爆営業の強要やパワーハラスメントは違法行為であり郵便法・労働法としても刑事罰の対象である。
 郵政40万が違法を承知でまかり通る現実を社会へと発信して、郵政の職場を一から作り直し取り戻そう!
 「郵政非正規ユニオン」は現場のと一体となり徹底的に闘い勝利する労働組合である。
 現場社員による、郵政非正規ユニオン一千名建設に合流し共に闘おう!
 全国の仲間が待っています!

ニュースへのリンク