〒124-0024 東京都葛飾区新小岩2―8―8 クリスタルハイム203
合同・一般労働組合全国協議会 東部ユニオン気付
電話03(6231)5031
e-mail: yusei.hiseiki.union@gmail.com
(ご注意: 上記 e-mail アドレスをご使用の場合、全角文字@を半角文字@に打ち直してご使用ください)

2014年3月28日金曜日

第1回団交 不当解雇に怒り噴出!

https://drive.google.com/file/d/0B4d9Rtjp0SVBbGFTVjZSXzVmMVU/edit?usp=sharing



「解雇理由」の文書提出すら拒否する当局

 3月26日、第1回団体交渉が横山市民集会場で開催され、当局から武井総務部長、志村客サ部長、堀内窓口営業部長、堀口総務課長の4名が出席、郵政非正規ユニオン・合同労組八王子からは十数名が参加しました。団交冒頭、組合の代表者が名刺を差し出したにもかかわらず、管理職らは名刺を「切らした」などと言って提出せず。日頃「礼儀」を云々している管理職がとんだ非礼ぶりをさらけ出しました。
 冒頭、「具体的解雇理由について文書での提出」を求めたにもかかわらず、八王子西郵便局当局は「内部文書」を理由に提出を拒否しました。企業が労働者を解雇して、その理由を就業規則の条文を示しただけなどあり得ません。具体的理由を示せば不当解雇であることが鮮明になるから示せないのだ。これは、不当解雇であることを自白しているに等しい。ふざけるな! 本団交で違法・不当な事実が暴かれることを恐れた八王子西郵便局当局が焦りにかられて違法・不当な解雇を強行したことが改めて明らかになりました。

<解雇回避義務>も全くやらず即日解雇


 そもそも今回のS君に対する解雇手続きそのものが異様で不備のかたまりです。解雇通知は「辞令」一枚に記載された一行のみ。しかも解雇理由を問いただすと、就業規則の抜粋を一枚ベタ打ちしたメモを手渡すのみ。しかも即日解雇であるにもかかわらす、解雇予告手当ての支払い手続きが行なわれていない。こんなでたらめな解雇は無効であり、絶対認められません !さらに今回の解雇は「普通解雇」であると称していますが、①解雇の合理的理由を明らかにしない、②十分な指導・教育が行なわれていない、③解雇の回避義務を全く行なっていない、という問題です。この点を次々と追求された八王子西郵便局当局は、ついに「そう思ったから解雇した」とまで言い切り、不当解雇であることを自ら暴露しました。ふざけるな! こんな解雇が許せるか! 八王子西郵便局は、S君への違法・不当解雇を即刻撤回せよ!




 郵政非正規ユニオンと合同労組八王子は、解雇通告がなされて以降、連日S君を先頭に就労闘争を闘っています。「解雇撤回」を訴えるビラを、出勤してくる労働者に手渡し、トラメガで当局の不当性を暴く訴えも行っています。
 今やすっかり「ブラック企業」として有名となった日本郵便株式会社の極悪な労務支配をうち破るたたかいに、入社1年目の青年労働者がたちあがることで、悪徳管理者の暴虐を衆目の目に暴き出したのです。このたたかいに励まされ、新たな闘いが開始されています。
 八王子西郵便局で働いている全ての労働者のみなさん。とりわけJP労組のみなさん。職場の仲間が違法なパワハラの末、全くデタラメな解雇で職場から排除されようとしています。仲間を守るのは労働組合の当然の行動です。共に立ち上がりましょう。



 次回団体交渉◇日時 4月18日(金)15:00~◇場所 横山市民集会場(八王子市並木町15-15 横山事務所2F)みなさんお集まり下さい。

ビラへのリンク