〒124-0024 東京都葛飾区新小岩2―8―8 クリスタルハイム203
合同・一般労働組合全国協議会 東部ユニオン気付
電話03(6231)5031
e-mail: yusei.hiseiki.union@gmail.com
(ご注意: 上記 e-mail アドレスをご使用の場合、全角文字@を半角文字@に打ち直してご使用ください)

2014年6月25日水曜日

郵政非正規ユニオン・杉並分会第2号

https://drive.google.com/file/d/0B_eHMUAYIH2Ucm5ZclJ5YkhiT1U/edit?usp=sharing

日本郵便社長・荻窪郵便局長は
団交に応じろ!

 郵便局で働くみなさん。梅雨時の外回りは大変ですが、元気に行きましょう。

労組法違反の団交引き延ばしは止めろ!

 6月16日、ついに杉並の地でも、郵便局に闘う「郵政非正規ユニオン・杉並分会」(東京西部ユニオン郵政分会)が結成されました。16日の荻窪郵便局への組合員通告と団体交渉申入れに驚愕した日本郵便は、その後、「質問書」と称して、質問に答えなかったら団交できないかのような、労組法違反の団交引き延ばしの対応をしてきました。
 6月23日、東京西部ユニオンと郵政非正規ユニオンは、吉本委員長を先頭に、荻窪局に抗議・申し入れに訪れ、ただちに団交を開くよう要求しました。鈴コン闘争共闘会議・呼びかけ人代表の花輪さんも駆けつけてくれました。

労働組合で闘うことで職場を変えられる!

 荻窪局をはじめ、今、八王子西局闘争に続くたたかいが杉並から起きたことに都内各局から「よくぞ決起した!」という共感が次々寄せられています。郵政以外の労働者からも「自分の職場でも闘わなきゃ生きられないユニオンのことを知りたい」と声が届いています。
 労働者は奴隷じゃない、という叫びと怒りは、労働組合で闘うことによって、職場を変える力が、団結した労働者の中にあることを証明しています。
 40万人の労働者を「成果」「スキル」「雇い止め」の脅しでこき使おうという日本郵便・郵政のあり方は、民営化・外注化と労組つぶしのそのものです。しかし、現場で日常的な人員不足による無理な仕事が押しつけられ、何より労働者を分断し続けていることへの積もりに積もった怒りは、必ず爆発します。

■日本郵便株式会社・高橋社長と、荻窪郵便局・佐藤局長は、ただちに団体交渉に応じよ!
■スキル評価による賃下げを撤回し、スキル評価制度を廃止せよ!
■期間雇用社員を期限の定めのない雇用とせよ!
■組合加入をもって不利益扱いをするな!
■人員不足をただちに解消せよ!

 郵政で働くすべての労働者は、団結して闘うために、我が組合に入って闘おう!




私達の基本要求と立場


① スキル評価による賃下げを撤回せよ。
スキル評価制度を廃止せよ。
② 期間雇用社員を期限の定めのない雇用とせよ。
③ 組合加入をもって不利益扱いをするな(不当労働行為は断じて認めない)。
④ 人員不足を補い、賃金を上げ、差別・分断せず、まともな労働条件にせよ。
⑤ 郵政職場に、労働者の誇りと権利と生活を守る、闘う労働組合を拡大しよう。

スキルダウンは断じて許さん!