〒124-0024 東京都葛飾区新小岩2―8―8 クリスタルハイム203
合同・一般労働組合全国協議会 東部ユニオン気付
電話03(6231)5031
e-mail: yusei.hiseiki.union@gmail.com
(ご注意: 上記 e-mail アドレスをご使用の場合、全角文字@を半角文字@に打ち直してご使用ください)

2014年9月13日土曜日

全国各地の支部大会で人が足らないの怒りが続出する

https://drive.google.com/file/d/0B_eHMUAYIH2UR2FCNmwxTUV5akU/edit?usp=sharing

全国各地の支部大会で
人が足らないの怒りが続出する

「元の賃金制度に戻せ」が職場の声だ!

 郵便局で働く皆さん、お疲れ様です。7月~8月末にかけて、全国の職場で支部大会が開催されました。

会社は要員を確保しろ

 各支部大会では、現場の切実な声が出されました。そこでの圧倒的な声は「人が足らない」「会社は要員(労働力)を確保しろ」です。
 会社は民営化以後、退職者の補充を基本的に行っていません。そのため、集配職場では、どこの班も人員不足で前超勤、後超勤が常態化している班が目立ちます。さらに、年休・計年の消化も危ぶまれています。さらには、廃休・マル超が常態化している班もあります。地域基幹局をはじめとした内務職場では、他課応援が組み込まれて「手すき時間」も無く、ヘトヘトになって働いています。この夏は、経費節減を口実とした「28度設定」で熱中症で倒れた労働者も続出しました。全国どこの職場も、異常な事態です。

業績手当に疑問が続出

 そして、6月から始まった業績手当に疑問と怒りの声が上がっています。「明細書の見方が分からない」「単純な計算ミスで賃金が正しく払われていない」「前の給与明細は、出ている数字を計算すれば金額が簡単に分かった。今のは全く分からない。だまされているようで不安だ」等々。新人事・給与制度の導入に際して、JP労組本部は「頑張った者がむくわれる素晴らしい制度」と言っていました。しかし、導入直後からこんな状態です。最初からつまずいている制度など、失敗と言わざるを得ません。「元の賃金制度にもどせ!」が職場の声です。

新賃金は労働者分断だ

 そもそも新人事・給与制度は、大幅賃下げであり、労働者を競争にたたき込み職場をバラバラに分断する ことが狙いです。導入にあたって日本郵政・斉藤社長(当時)は「郵便事業は、民間物流と比べて給与水準が2割程度高い」と賃下げの狙いを公言していました。「誰もが分からない賃金制度」の狙いは全体のコスト削減です。これが1987年の国鉄分割・民営化以来の新自由主義の攻撃です。
 本格実施は、来年4月からです。職場の怒りと疑問の声を労働組合の団結に高めて、本格実施を阻止しよう。共に団結して闘おう!



デリバリーはJPXの二の舞か!

 9月1日、「日本郵便デリバリー」(資本金4億円、日本郵便100%子会社)が銀座郵便局でスタートしました。報道によると「『ゆうパック』のサービス品質向上につなげる」「当初は銀座局管内か らスタートし、10月からは日本橋地区にもエリア拡大する。将来的には大阪や名古屋などの大都市部にも業務を拡大する」とのことです。ところが、開始1週間でパンク寸前です。

充分な訓練もなく出発


 会社は子会社立ち上げにともない、それまで銀座地域のゆうパックを担当していた非常勤を解雇し、まったく新規に80人の期間雇用社員を採用しました。
 しかし、充分な訓練もなく開始したため大混乱になっています。
銀座地域では、ゆうパックを積ん だ台車を前に、地図を片手にうろ うろする日本郵便デリバリー職員 の姿が多数見うけられました。
 話を聞いてみると「8月に1週間の訓練があったけれど実地訓練もなく、ぶっつけ本番」「端末の使い方も分からない」とのことです。私が配達に訪れた先では、「今日、ゆうパックが届くはずなんだけど、来ないんです?」との質問がいくつも寄せられました。
 このあおりで配りきれない大量のゆうパックが夕方、集配課に回ってきて連日の超勤でヘトヘトです。現場を全く知らない経営者のデタラメな計画で、またもや現場は大 混乱です。職場では、「これではJPEXの失敗の二の舞だ」「俺たちの賃金を削っておいて、またどぶに捨てるのか」等々、怒りの声が起こっています。

民営化前はこんなデタラメはなかった!

 「会社もひどいが、組合に最大の原因がある。民営化になって組合が会社の施策を丸呑みしているのが問題だ」「組合は職場の声を代表して会社と闘え」という声も上がっています。
 まったくその通りです。人手不足で業務に余裕もなく、超勤の連続です。交通事故、郵便事故も多発しています。このままでは定年まで働けません。本当に私たち現場の声を代表する労働組合に変えていこう。(銀座局・集配労働者からの投稿)




改憲・戦争・原発・首切りの安倍をとものともに倒そう!
8・17 日比谷公会堂に1830人
戦争阻止の「日比谷宣言」を採択

 8月17日、東京・日比谷公会堂で開催された「改憲・戦争・原発・首切りの安倍をともに倒そう! 8・17大集会」は、1830人を結集して歴史的な大集会としてかちとられました。8・9長崎平和祈念式典で安倍の7・1閣議決定を「暴挙」と弾劾した被爆者・城臺美彌子さんの特別発言を始め、壇上の全発言に戦争絶対阻止・安倍打倒の決意がみなぎり、会場には熱気と感動が満ちあふれました。代表呼びかけ人の鈴木達夫さんが「8・17日比谷宣言」を高らかに読み上げ、「改憲・戦争・原発・貧困許さない大行動」(略称・許すな改憲!大行動)の開始を宣言しました。
 「東京・日比谷公会堂に集まった私たちは、集団的自衛権行使=戦争のための7月1日閣議決定の即時撤回と安倍政権打倒にともに立ち上がることを、全国・全世界に呼びかける宣言を発します。今夏、被爆69周年の広島・長崎に力強く刻みこまれた被爆者と日本人民の『二度と戦争をさせない』という不動の信念をひきついで、本宣言を発します。」―この「日比谷宣言」は、安倍政権による集団的自衛権行使の7・1閣議決定の歴史的暴挙に対し、8・17大集会の名をもって、この戦争情勢に立ち向かう日本と世界の労働者階級人民の戦争阻止宣言です。
 集会の代表呼びかけ人からの発言として、憲法と人権の日弁連をめざす会代表の高山俊吉弁護士、ふくしま共同診療所の杉井吉彦医師、3・11反原発福島行動実行委員会の椎名千恵子さん、東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会の吉本伸幸書記長、とめよう戦争への道!百万人署名運動の西川重則事務局長がそ れぞれ発言に立ちました。
 国際連帯のアピールとして韓国・民主労総ソウル地域本部のチョヨンナン統一委員長が登壇し、「今日の集会を、日韓の労働者がともに戦争、原発、核兵器、新自由主義に反対して一緒に闘争する国際連帯の契機としましょう。」と訴えました。

城臺美彌子さんの特別発言

 去年、1年間で亡くなった被爆者は、3355名でした。生き残っている私の親友なども非常に苦しんでおります。「もういつ死んでも、と大学病院で言われたよ」という電話が前日にかかってきました。平和祈念式典での私のあの発言は、そういう被爆者たちの声が後押ししてくれたんだと思っています。
 各党首たちの顔を見ているうちに、私には被爆者たちの声、顔が浮かんできました。たった少数の党首たちのおかげで今まで守ってきた平和がなくされてたまるものかという思いでした。
 政府が今、国民のためにしなければならないのは、突然の危機が来るかもしれないから集団的自衛権が急ぎ必要だ、ではなく、危機が来ないようにすることです。近隣他国の脅威をあおりたてるのではなく、偏狭なナショナリズムにとどまることなく、より安心、安全な暮らしを国民に保障することです。原発輸出、武器輸出には、返す言葉もありません。無人飛行機、無人潜水艦、かつてはなかった新兵器で威嚇し、攻撃して、国民を守りますというのであれば、お断りします。
 憲法の平和理念は永久に尊重されるべきで、何人といえども踏みつけてはなりません。
 一人ひとりは微力ですが、無力ではありません。頑張りましょう。




9.23反原発集会へ

 安倍政権は、年内にも九州電力川内原発(鹿児島県)の再稼働を狙っています。絶対に許せません。
 原発は廃絶以外ありえません。原発は燃料のウランの採掘から使用済み核燃料の処理まで被曝労働を不可避とします。労働者の体をぼろぼろに破壊し命まで奪うのが原発です。福島原発事故は今も進行中です。104人もの子供たちが甲状腺ガンと「疑い」のあることが明らかとなっています。これ以上の被曝の強制を絶対に許してはなりません。川内原発を始めとする全原発の再稼働を絶対に阻もう。戦争・改憲と原発推進の安倍政権を倒そう。
 9・23反原発集会に集まろう!

川内原発再稼働するな! フクシマを忘れない!
9.23さようなら原発 全国集会&大行進


▼9月23日(火・休)亀戸中央公園(JR亀戸駅とほ15分)
午後0時30分 オープニングライブ
午後1時 トークライブ(集会後デモ)
▼主催・さようなら原発1000万人アクション他

ビラへのリンク